札幌国際合気会  SapporoKokusaiAikikai

HOME 合気道とは 入会案内 師範紹介 稽古予定 稽古心得 審査要項 関連リンク
 

 

■合気道の神髄

合気道は、開祖である植芝盛平(1883〜1969)によって創始された武道です。
合気道の真髄とするところは、「合気道は愛なり」の一言に表現されます。
そして、合気道とは何かを、開祖は下記「合気道の精神」の中で明示しておられます。
 

■試合が無い合気道

合気道の形は、一見、日本古来の柔術や剣の形や姿と似ています。事実、植芝先生が合気道を完成する過程では、幾多の武術や武道を極めて参りました。このように形は似ていながら、他の武道と異なる特色があります。それは、試合が無いことです。
  真の武道は、いたずらに力に頼って他人と強弱を争うものではなく、自己の人格の完成を願う求道であります。それゆえ試合形式をとらなかったといえます。
 

■気が合する道

吉祥丸先生
合気道は宇宙遍在の根源の気と我々一人一人の人間の気が一体化、即ち、「合気」することすることにその究極を置いています。そして、人と人との気を和することも合気、愛気となります。
 このように、天と地、人と人との気の合(和)する調和の姿を描き出すことが、合気の道と云えます。
 

■調和のとれた円転の動き

したがって、合気道の稽古では、試合が無く、そして、その動きは、天と地、人との調和の姿がそのまま円転の動きに現れ、舞にも似た立ち振るまいとなっています。
 しかしながら、一つ一つの動きは宇宙の理に適って、相手が倒れるべくして倒れるごとく、気を導き、動きで導くのであります。
 このように自然と一体となった無理の無い動きによって、内蔵の働きも活発になり、調和のとれた健康美が知らず知らずに培われてゆきます。
 

■国際交流にも貢献

合気道は、誰でも気軽に始められることから、少年、婦女子、老人の方々まで幅広い愛好者を持ち、現在では100万人を超える人々が稽古にはげんでいます。
近年、海外での合気道人口が急速に増え、合気道は、日本の心を伝える武道として、国際交流にも大きな役割を果たしています。
 

合気道の精神

 
合気道とは愛なり
 天地の心を以って我が心とし、万有愛護の大精神を以って自己の使命を完遂することこそ武の道であらねばならぬ。
 合気とは自己に打ち勝ち敵をして戦う心無からしむ、否、敵そのものを無くする絶対的自己完成の道なり。
 而して武技は天の理法を体に移し、霊肉一体の至上境に至の業であり、道程である。
 
合気道の精神
 
↑ページTOPへ戻る


 
札幌国際合気会 Sapporo Kokusail Aikikai   Copyright (C) since 2015. Sapporokokusaiaikikai. All Rights Reserved.